スポンサーサイト

0
    • 2014.05.05 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    日本音楽史上最もすごかった女性シンガーって、、、

    0
       

       夏に入った頃から、GILLEという女性アーティストがカッコいいなぁと、動画サイトYouTubeで何回も聴いておりました。特に「行くぜっ!怪盗少女」という曲は、誰が本歌かも知らないまま、友達にも薦めてみたり...



      「 行くぜっ!怪盗少女 / ももいろクローバー Cover by GILLE(ジル)」

      http://www.youtube.com/watch?v=WLYhPFvHuPU








      その後、視聴の興味の対象は、最も音楽に触れていた1980年代中盤~後半の洋楽ヒットソングへ。

      ヒットチャートを追ったり、まだまだ洋楽の紙媒体(FMステーション、週刊FM、レコパル等)が元気だった日々を懐かしみながら聴いているうちに範囲が拡がって、1960年代~2000年代までのヒットソングを辿ることに。

      私の聴いていた時代の前後に、こんな繋がりがあったのかと、なんだか納得しましたね。



       多感な中高生の頃、洋楽一辺倒だった私ですが、ほんの一部邦楽も聴いてました。

      その中のひとり、白鳥英美子を久し振りに聴いてみました。真偽の程は分かりませんが、彼女は歌声からα波が出る数少ない日本人シンガーだとか。

      「アメイジング・グレース」「シェルブールの雨傘(I WILL WAIT FOR YOU )」なんかは滲み入る上手さが分かると思います。



      「白鳥英美子 AMAGING GRACE」


      http://www.youtube.com/watch?v=Uf5ciA72gjQ



      「 白鳥英美子「シェルブールの雨傘」- Caravellグラ ンドオーケストラ 」

      http://www.youtube.com/watch?v=O71eZSSEK8k





       10月に入って、シェルブールの雨傘繋がりで、シャンソンやジャズの動画や関連のサイトなどを漁っていると、

      『日本音楽史上最もすごかった女性シンガーって越路吹雪でいいの?』

      という某所のスレッドを見つけました。

      http://noe2.blog55.fc2.com/blog-entry-1001.html



      そこには歌唱力だけに止まらない、表現力、認知度、カリスマ性などを持ち合わせていると目されている邦楽女性歌手が次々挙げられ、議論されていました。



      掲題の越路吹雪、「愛の賛歌」「ろくでなし」「サントワマミー」の3曲くらいしか知りませんが、シャンソンを軸とした表現力の深さが並外れていたことは聞き及んでいましたし、文中最も名の挙がっていた美空ひばりは言わずもがな。この2人は議論以前に別格ではあります。



      そこから、突っ込んで色々聴いてみました。

      しばたはつみ、弘田美枝子、江利チエミ、淡谷のり子、森昌子、小柳ルミ子、石川さゆり、八代亜紀、松浦亜弥、Nokko、、、。

      鬼籍に入られている方も少なくありませんが、現役の方もたくさんいらっしゃいます。



      その中で、浅川マキという歌手に、退廃的な空気となんともしれん迫力を感じました。



      「浅川マキ - 朝日のあたる家 (House of the Rising Sun) 」

      http://www.youtube.com/watch?v=yZjThBkBnqU&desktop_uri=%2Fwatch%3Fv%3DyZjThBkBnqU



      この曲は元々アメリカに古くからある唄で、ボブ・ディランやアニマルズのものが有名です。



       「朝日の当たる家」つながりで今辿り着いたのは、ちあきなおみでした。



      「ちあきなおみ 朝日楼 」

      http://www.youtube.com/watch?v=kQ6a9Z7B18I



      安い表現ですが、頭を殴られた位のインパクトでしたね。



      子供の頃は、「喝采」を一発当ててコロッケに真似される、タンスにゴンのおばひゃんっていう印象しかなかったのですが、不惑に入った今あれこれ調べて聴いてみると、それがとんでもない思い込みだ、ったことが分かります(^_^;)。





       「喝采」だけでちあきなおみという演者をはかるのは難しいです。今単に歌がうまい人はたくさんいます。冒頭のGILLEだって相当上手い。けど、、、。

      毎日通勤の間聴いているのは、ちあきなおみばかり。



      ◦朝日のあたる家

      ◦紅い花

      ◦ルージュ

      ◦男と女の狂想曲

      ◦喝采

      ◦夜へ急ぐ人

      ◦恋のmekura

      ◦ゴンドラの唄

      ◦赤とんぼ

      ◦マッチ売りの少女

      ◦冬隣

      ◦ねぇ、あんた

      ◦氷の世界

      ◦伝わりますか

      ◦さとうきび畑

      ◦役者

      ◦イロケの歌



      こんなんを何度も何度もエンドレスに聴いてます。 

      ファンというにはおこがましいですが、彼女は間違いなく、私の中の日本音楽史上最もすごかった女性シンガーであります。




      『コクーン』

      0
        『コクーン』字幕スーパー版。




        1985年6月アメリカ公開(※日本公開同年12月)




        視聴媒体:WOWOW(録画)。











        SFものになかなか興味が湧かないのですが、昔から名前だけは知ってた本作。



        SFと一口に言ってもその種類は色々なわけですが、宇宙人と地球の老人たちとの交流を描いた、一風変わった心温まる作品であります。




        ある目的をもった宇宙人のグループが、お年寄りの仲良しグループと親交を深め、終いには一緒に宇宙に行ってしまいます。ですが、暗く極悪なイメージのキャラクターは誰もいなくて、全体をして明るい作風のファンタジーとなってます。




        脇の俳優さんが、色んな作品に出ている多彩な方ばかりというのも面白い。


        スマートフォンの串刺し

        0
          変えたくて仕方なかったS社の携帯電話から、別の会社のスマートフォンに乗り換えてまだ間もないのに、ちょっと落としただけで画面にひびが入り、全くタッチが効かなくなってしまいました。




          こうした時のサポートの流れは、昔と違って、トラブルに遭った端末と同じ機種で同じ配色の端末がサポートセンターから送られてきて、替わりに手元の端末を、個人情報を取り除いた後送り返すのですよ。




          でも、今回の私の壊れた端末、大部分はメモリーカードに情報が移っていたから良かったものの、本体保存の情報はどうしようもありません。



          そこで、ショップに行って相談することにしました。




          「何なら、残っている情報が全て飛んでもかまいません。」




          すると、店員さん、ザクッと一撃!






















          千枚通しで串刺し、、、(°°;)。




          スマートフォンは、基盤を一カ所破壊するだけで、総てのメモリーは消滅するのだそうです。




          めでたしめでたし。ははは。


          そうだ、枚方に行こう

          0
            夜勤初日明け火曜日の朝、「そうだ、枚方に行こう」と思い立って、淀川沿いを走ってきました。







            強い陽射しの下、ふーふー言いながら40分もかかってとりあえず関西医大裏の御手洗いに到着するも、トイレ故障中( >_<)







            Googleマップで目的地のあたりをつけ、すぐに移動開始です。



            目指しているのはとあるパン屋さん。



            このブログを足がかりに、時折書き込みをさせてもらっているブログ http://takapan1127.blog22.fc2.com/の管理人さんがやっておられるお店に、ちょいと行ってみたくなったんです。







            昔から周知の事実ですが、私は超ド級の方向音痴。目的地のブロックに入ってからも、10分20分と界隈を彷徨います(^_^;







            そして、やっと目的のお店を発見!



















            お店は、京阪枚方市駅を高台に上って、住宅地に入った一画にあります。







            駅前の喧騒から離れ、昔からの下町風情が残る立地。私が店内でパンを選んでいると、ご近所のお馴染みさんらしきおばちゃま達が、次から次へと来られてました。







            店長さんはいらっしゃらなかったものの、店内では女性の方がにこやかに接客されてました。







            お店の軒先をお借りして暫し休憩。







            その間にも、お近くのお客さんが。







            日々大変なことがあっても、必要としてくれる人達がいると、力が湧いてきますよね。



            焼きたてパンの店タカシマさん http://www.k5.dion.ne.jp/~takapan/、また伺いたいと思います。










            本日の先導車







            暑いので、しっかり水分補給されてました。








            道具屋筋への道すがら

            0
              6月2日(日)、家人の所用にて難波の道具屋筋に行ってきました。


              個人経営の外食関係やらサービス業なんかをやってなけりゃ、足を運ぶこともない所だけに、興味深く徘徊・物色致しました(p_-)

              その道具屋筋に向かう我が一行は、地下鉄日本橋駅
              で降りて 歩いたのですが、以前にも紹介した上海新天地前で、新聞を配ってました。





              ちくと調べてみると、ちょっと面白いもののようです。ふーん( ・_・)

              バラの見学会2013

              0



                去る5月12日に、今年もジュンペイさんのお宅のバラの見学会にご招待頂いたので、お邪魔してきました。








                見頃には少しだけ早かったようですが、綺麗なバラ達が花開いてゆく様が見れました。



                昨年同様、ジュンペイさんとこのスタッフの方々やお客さん達に相手をしていただいて、娘も大喜び(^o^)





                実ったばかりのイチゴも強奪しておりました。



                今年のメインフードも盛り沢山な内容で、美味し楽しい会を堪能させてもらいました。

                釣行、オートバイ、音楽ほか、楽しいお話も聞きながら、来年の参加に娘と意欲を燃やすのでありました(笑)


                今年も、ありがとうございました。




                ‘13食博覧会・大阪

                0


                  4年に一度開催される食博覧会に今回も行ってまいりました。































                  今回も通しで来場者数は10万人超えてたとか。(°°;)

                  バリアフリー展(バリアフリー2013)に行ってきた

                  0


                    今年も、インテックス大阪で開催されたバリアフリー展に、4月20日(土)に行ってまいりました。
                    我が家では毎年恒例で、私は生業と全く関係ないにもかかわらず、5回以上行っております。



                    介助犬によるパフォーマンス。



                    片手で使える日用品(ずぼらな健常者にもいいかも)大集合ブース。




                    K国の障害者支援団体のブース。
                    先の大戦後、禁止されていたピョンシンチムの伝統を復活させたり、ソウル五輪の折に、共催されていたパラリンピックの中継放送を、自国民の苦情で取り止めたりしてるお国柄ですが、最近はどうなんでしょう…。



                    これは、首からぶら下げているだけで菌を寄せ付けない優れもの。



                    ドッペルギャンガーのアウトドアグッズのブースで。
                    このライトは小さいながら、ワンタッチでランタンにもなります。ふむふむ。



                    車椅子に取り付けるだけで、人力車に早変わりする機器のブースは注目が集まってました。


                    さて、不遜不謹慎ではありますが、私は福祉関係にあまり関心があるとはいえません(・_・;)。

                    そんな私がここ3年程興味をもっているのが、車椅子製造メーカーの開発競争であります。
                    詳しいことなどは分かりませんが、各社とも利用者の利便性をはかる過程で、素材/フレームワーク/軽量化といったメカニカルなところで、開発陣の意地がせめぎ合っています。実に興味深い。

                    広報の方達に話を聞き、試乗しまくっては、家人に呆れられています。ははは。



                    松永のブースには人だかりができてました。



                    OXレーシングのブース。


                    競技用車椅子のシルエットはリカンベントにも似ていて、カッチョイイっす。



                    NISSINのブース。


                    こちらも贅を尽くした作りですな…


                    ひゃくきゅうじゅうはちまんえん(;゚д゚)



                    こちらは、毎年楽しみにしている、TIGのブース。

                    フレームは全モデル、チタニウム。
                    チタンバイクを製造している部門もありますが、車椅子部門も日本屈指の超軽量モデルを出し続けています。
                    TIGが今最も注力しているのが、ヤマハの電動ユニットをのせた電動車椅子。
                    市場にはまだ出てませんが、総重量23kgのテスト車が展示してありました(!)。
                    開発を進めて、年内には20kgを切りますよ、と熱く広報のおねえさんが言ってました。
                    これは自転車に例えるなら、10kgを切る電動アシストモデルを作りますよっていってるようなもんです(||゜Д゜)ヒィィィ!

                    惜しむらくは、他社との共同開発案件や特殊プロジェクトが増たことで、情報漏洩を防ぐ為に、HPで開発過程を公開出来なくなったり、工場見学が出来なくなったこと。仕方ないですね。



                    パンテーラのブース。

                    世界最軽量の自走式車椅子を送り出している同社。

                    フラッグシップモデルのパンテーラXは、4 .2kgにして80万円ナリ(;゚д゚)。


                    ブースのおねえさんが、パンテーラXを片手で受け渡ししてました。もうビックリ!!

                    パンテーラX以外のモデルは、フレームにクロモリを使用。
                    それでも、7kg台後半~9kg台と軽量には違いない。


                    最後は浜松で開発が進められているプロジェクトチームをご紹介。


                    橋本エンジニアリングのブース。


                    MC-X。

                    なんと、チタンに引けを取らぬ位に加工が難しいマグネシウムをフレームに用い、強度を確保したまま、より低コストでの成形を可能にしたフルカーボンのバトンホイールを履きます。

                    作っているのは、橋本エンジニアリングだけではなく、浜松のものづくりのプロ達が集結。にっぽんの意地を見た気がします(^_^)。


                    ということで、今年もバリアフリー展楽しみました\(^o^)/




                    逃げ出した石のどうぶつ達は今いずこ?

                    0




                      『瑞光石のどうぶつ園』という珍名所があるということを知って、見学してきました。





                      写真では分かりづらいかもしれませんが、色々な石の動物がいるそうな。



                      、、、が、着いてみると、いない。

                      動物達がいない。



                      何処にもいない。




                      やっぱり、いない(・_・、)。







                      どなたか、動物達が、何処に行ってしまったかご存じの方は、ご一報下さい。


                      2年前

                      0

















































                        calendar
                         123456
                        78910111213
                        14151617181920
                        21222324252627
                        28293031   
                        << May 2017 >>
                        PR
                        selected entries
                        categories
                        archives
                        recent comment
                        recommend
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM