スポンサーサイト

0
    • 2014.05.05 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    東寺食堂・四天王像のナゼ

    0
      理由をご存知の方は、お教えいただきたい、今回はそんなギモンの記事です。



      昨年5月、当時の趣味の仲間達10人程と、趣味の乗り物に乗って、京都へ出かけました。



      コースは、大阪から淀川沿いを走って嵐山に至る往復。




      嵐山で昼食を摂ったあと、有名な竹林を散策して、伏見でおやつを食べる、、という予定だったのですが、この日は近隣の祭事でひときわ混雑してて、竹林散策をやめにして、東寺見学をすることにしました。


      東寺(教王護国寺)境内にて


      一行は20代前半の若い男女で占められていて、仏閣見学というよりも、見学を兼ねた休憩となっていたわけですが、以前一度記事にもしました通り、私は仏像が好きなので、一人ゆっくりと見学しておったわけです。


      えー、前置き長いですね(;^_^A。

      本題にいきましょう。

      食堂(じきどう)という建物に入りました。





      十一面観音菩薩を護る形で、仏像が配されているのですが、観音像に向かって右手前に並ぶ、数体の仏像に唖然としました。

      3mを超える大きな姿は、焼け焦げて烈しく炭化しています。

      案内を読むと、昭和5年の失火で食堂が焼失した時の損傷だそうで、当時食堂の本尊だった千手観音像は大きく損傷したものの、後に復元されて別のところに安置され、この焼け爛れた四天王像は、そのままの姿を残しているということでした。


      館内撮影禁止の為、ネット上で懸命に探してきた画像。


      原型をとどめていない程に業火をあびながらなお、邪鬼を払い、本尊を護る姿に圧倒され、強く心を打たれました。

      しかし、この四天王像、色々調べてみても、私としては腑に落ちない点が。

      元の本尊は、復元処理を施され、何事もなかったかのように安置されているのに、四天王達はそのままの姿。

      国宝指定も解かれたままで、寺側も積極的に公開する様子はなくて、案内パンフレットやら東寺の特集誌や写真集、果ては仏像の専門図鑑等の何処を見ても、この四天王像達の姿はないのです。

      災禍の凄まじさや文化財保護の大切さを後世に伝えるため、もっと広く公開したほうがいいんじゃなかろうか、と個人的には思います。

      「当方においで頂ければ、いつでも見れますよ。でも、こんな姿になっちゃってるから、あんまり世に出したくないんで、案内の写真にも姿を載せたくないし、インターネット上でも恥ずかしいから画像を載せませんよ。」
      、、というふうにしかとれないんです。

      実際のところはどうなんでしょうね?

      何某か事情をご存知の方は、ご意見をお寄せ頂きますれば幸いでございますm(__)m


      歴戦のナニワオバチャン・クオリティ

      0



        水12リットル414円なり。

        お一人様一箱限り。

        ただし私、本日二箱目を買ったところであります。


        良心の呵責にさいなまれながら、一旦商品を家に持ち帰り、着替えてまた行ってきました。

        口が裂けても誰かは云えませんが、影で糸引く黒幕がいます( -_-)

        あなおそろしや、ナニワオバチャン・クオリティ。


        なぞぱらのなか

        0
          先般書いた、兵庫県南端の某島の南にある、施設の写真集です。

          なお、撮影許可、ネット上での掲載許可は、訪問時に施設管理者の方から頂いております。




          有名なゲートはダミーで、そこから更に道なりに下ったこちらが入り口。

          ここから半舗装路を300mくらい降りてゆきます。



          途中にUFO神社



          世界超偉人500万人伝説の碑



          別の割れた碑。でも、刻まれた唄は同じ。



          立川平家村民俗資料館



          入り口右手にシャワー室、その横にアーチェリー場があるが、使用されていない。



          たぬき御殿入り口。ここから先が秘宝館となる。



          順路入ってすぐ



          御神体だそうな



          たつこ神社とおみくじ。勿論、UFO神社とならび、霊験のないジョーク的神社です。



          おたぬきさんやシンボルが並ぶ。



          記帳台では、好きなことを書いていいらしい。



          アダルトビデオの方でしょうか?



          たつこ神社の由来。



          命ある限り愛は続く....そうです。これで出口。



          外に出て見上げると、遥か上にゲートが見えます。


          以前別のところでも取り上げたのですが、再度公開しました。

          管理者の方とお話したのですが、施設責任者ご夫妻は、大真面目に運営されてるとのことです(;^_^A。


          歴史を刻め

          0
            ◎夢を語れ

            ◎地球規模で考えろ

            ◎歴史を刻め

            ◎おもしろい方へ

            ◎これが好きだから


            ↑↑
            コレ何だと思います?

            ソレ系が好きな人には当たり前に知られてますが、全部同じ系列の店につけられた、関西のラーメン屋さんの名前です。



            以前私が通っていた通勤ルート沿いにある店舗


            現在、全国のラーメン店は細かくカテゴライズされていて、当該系列の店舗は、二郎系とか二郎インスパイア系ラーメンというらしいです。

            ちょっと怖いもん見たさで、一度食べてみたいですね。

            神戸のまつり見物

            0


              『第11回 Kobe Love Port みなとまつり』を見てきました。





              漁師さんのブースでは、魚の掴み取り体験も。

              魚介類を触れる子は大喜び、触れない子は大泣き(笑)。


              ヘリでのクルージング体験もやってましたが、5分程度で4,000円はちょっと....。






              なかなか旨いなぁ、と思てたら、、、


              、、、娘も買うてきてました。










              マテ茶のブースでサンバ隊がいたんですが、人垣でわかりません。



              どこ行ってもご当地アイドルグループがいる当世。


              左の木の上の物件を確認できますかねぇ。

              Red Bullの曲技飛行のパフォーマンスです。



              すくったトマトの数によって、野菜がもらえました。













              やっぱり神戸は、品がよろしいですわ(^o^;

              伊根の花火

              0

                伊根の花火を見てみたい。
                (※写真の掲示物は、昨年のものです)


                昨年の今時分は、今年のようなムシ暑さは既になく、真夏の酷暑に向けたカラっと暑い日がきておりました。

                陽気に誘われた去年今頃の私は、小さな人力推進車に飛び乗って、夜明けを待たずに、京都府・伊根町に向かったのでした。































                道すがら、よさげな川を見つけたので、全て脱ぎ捨て、小魚に混じって水遊び。スッポンポーン!


                天橋立も通過







                舟屋群を擁する伊根町










                こんなところで花火ですよ!

                水面に映える花火と闇に立ち上がる舟屋達。

                すごい光景やと思います。


                日帰りするなら、真っ暗闇も体験できます。

                福知山の山奥(笑)。

                ともしびが月明かりだけなんて、都会では味わえない贅沢です。


                この日は、家から出発後丸一日たっても、まだまだお家に辿り着けませんでした。



                その時のルートは、ルートラボというサイトに保存しているので、よければどーぞ。(^-^)



                伊根町は、近畿では十津川村、曽爾村とならんで、数少ない『日本で最も美しい村』であります。

                『日本で最も美しい村』については、また別の機会にお話するとしましょう。

                西宮ジンジャーハイボール

                0
                  西宮市にある、「えべっさん」で知られる西宮神社では、戦争で焼失した本殿が建て直されてから50年目にあたります。

                  当神社の門前で商いする飲食店の方達が、これを記念になーんかええメニューが出来へんかなぁ、と考案した飲み物が↓コレ。


                  西宮ジンジャーハイボール

                  ハイボールにガリが乗っております(@_@;)。

                  まぁ、なかなか面白いんじゃないですかね。


                  9日宵の口からの、宵あらえびす夜祭りという神社の行事にて、境内の出店では、この西宮ジンジャーハイボールが、1杯100円で提供されるそうです。

                  この値段なら、恐る恐るの味見にもいいですよね(笑)。

                  JRのパンフレットで妄想する

                  0
                    やったー!

                    台風接近の影響で、すべてのパンフレットが陳列棚から倉庫へ一時避難している状況の中、お願いして一部貰ってきました(^.^)b。



                    仏像巡りいいなぁ。

                    実際には行けませんが、見てるだけでも楽しい気分です。

                    新西国三十三ヶ所なら、人によっては日帰り可能かもしれませんね。

                    エムケーバイキング

                    0

                      この看板を見て、自称グルメな諸氏は眉をひそめ、腹一杯を旨とする同志達は、心穏やかではいられないことでしょう。

                      もしそれが、観光都市・京都にあったとしたら、どうしますか?


                      先日、とあるDEEPなスポットばかりを紹介するウェブサイトを閲覧していたら、見つけちゃったのですよ、MKバイキングレストランを。


                      MKバイキングレストラン上賀茂



                      地図


                      入口



                      MKバイキングレストラン山科



                      地図


                      入口



                      いずれも、MKグループが運営。

                      MKタクシーの社員食堂を、一般人オープンにして今に至るのだとか。


                      MKグループといえば京都、という思い込みがあったのですが、現在は京都のほか、東京/大阪/名古屋/神戸/滋賀/福岡/札幌に拠点を置き、タクシーや観光バスを使って事業展開する、一大レジャー企業であります。

                      上賀茂と山科では、少し違いがあるようで、どちらかというと上賀茂が洋風で山科が和風だとか。

                      また、ネットで引っ張ってきた値段表で、何故生ビールの値段が違うのか不明ですし、どちらがどうかわかりませんが、バイキング+ドリンク飲み放題のセットで600円、という設定もあるとか。

                      双方ともに、ボウリング場やその他のアミューズメント施設を抱え、駐車場も完備しているので、車なら至便でしょうが、電車ならどちらも、ちと駅から離れています。

                      一昔前なら、自転車でひとっ走り行くところですが、今は金も時間も自由に成らないわけでして、、、どなたか潜入捜査してきて下さりませぬか(笑)

                      calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>
                      PR
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM