スポンサーサイト

0
    • 2014.05.05 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    日本音楽史上最もすごかった女性シンガーって、、、

    0
       

       夏に入った頃から、GILLEという女性アーティストがカッコいいなぁと、動画サイトYouTubeで何回も聴いておりました。特に「行くぜっ!怪盗少女」という曲は、誰が本歌かも知らないまま、友達にも薦めてみたり...



      「 行くぜっ!怪盗少女 / ももいろクローバー Cover by GILLE(ジル)」

      http://www.youtube.com/watch?v=WLYhPFvHuPU








      その後、視聴の興味の対象は、最も音楽に触れていた1980年代中盤~後半の洋楽ヒットソングへ。

      ヒットチャートを追ったり、まだまだ洋楽の紙媒体(FMステーション、週刊FM、レコパル等)が元気だった日々を懐かしみながら聴いているうちに範囲が拡がって、1960年代~2000年代までのヒットソングを辿ることに。

      私の聴いていた時代の前後に、こんな繋がりがあったのかと、なんだか納得しましたね。



       多感な中高生の頃、洋楽一辺倒だった私ですが、ほんの一部邦楽も聴いてました。

      その中のひとり、白鳥英美子を久し振りに聴いてみました。真偽の程は分かりませんが、彼女は歌声からα波が出る数少ない日本人シンガーだとか。

      「アメイジング・グレース」「シェルブールの雨傘(I WILL WAIT FOR YOU )」なんかは滲み入る上手さが分かると思います。



      「白鳥英美子 AMAGING GRACE」


      http://www.youtube.com/watch?v=Uf5ciA72gjQ



      「 白鳥英美子「シェルブールの雨傘」- Caravellグラ ンドオーケストラ 」

      http://www.youtube.com/watch?v=O71eZSSEK8k





       10月に入って、シェルブールの雨傘繋がりで、シャンソンやジャズの動画や関連のサイトなどを漁っていると、

      『日本音楽史上最もすごかった女性シンガーって越路吹雪でいいの?』

      という某所のスレッドを見つけました。

      http://noe2.blog55.fc2.com/blog-entry-1001.html



      そこには歌唱力だけに止まらない、表現力、認知度、カリスマ性などを持ち合わせていると目されている邦楽女性歌手が次々挙げられ、議論されていました。



      掲題の越路吹雪、「愛の賛歌」「ろくでなし」「サントワマミー」の3曲くらいしか知りませんが、シャンソンを軸とした表現力の深さが並外れていたことは聞き及んでいましたし、文中最も名の挙がっていた美空ひばりは言わずもがな。この2人は議論以前に別格ではあります。



      そこから、突っ込んで色々聴いてみました。

      しばたはつみ、弘田美枝子、江利チエミ、淡谷のり子、森昌子、小柳ルミ子、石川さゆり、八代亜紀、松浦亜弥、Nokko、、、。

      鬼籍に入られている方も少なくありませんが、現役の方もたくさんいらっしゃいます。



      その中で、浅川マキという歌手に、退廃的な空気となんともしれん迫力を感じました。



      「浅川マキ - 朝日のあたる家 (House of the Rising Sun) 」

      http://www.youtube.com/watch?v=yZjThBkBnqU&desktop_uri=%2Fwatch%3Fv%3DyZjThBkBnqU



      この曲は元々アメリカに古くからある唄で、ボブ・ディランやアニマルズのものが有名です。



       「朝日の当たる家」つながりで今辿り着いたのは、ちあきなおみでした。



      「ちあきなおみ 朝日楼 」

      http://www.youtube.com/watch?v=kQ6a9Z7B18I



      安い表現ですが、頭を殴られた位のインパクトでしたね。



      子供の頃は、「喝采」を一発当ててコロッケに真似される、タンスにゴンのおばひゃんっていう印象しかなかったのですが、不惑に入った今あれこれ調べて聴いてみると、それがとんでもない思い込みだ、ったことが分かります(^_^;)。





       「喝采」だけでちあきなおみという演者をはかるのは難しいです。今単に歌がうまい人はたくさんいます。冒頭のGILLEだって相当上手い。けど、、、。

      毎日通勤の間聴いているのは、ちあきなおみばかり。



      ◦朝日のあたる家

      ◦紅い花

      ◦ルージュ

      ◦男と女の狂想曲

      ◦喝采

      ◦夜へ急ぐ人

      ◦恋のmekura

      ◦ゴンドラの唄

      ◦赤とんぼ

      ◦マッチ売りの少女

      ◦冬隣

      ◦ねぇ、あんた

      ◦氷の世界

      ◦伝わりますか

      ◦さとうきび畑

      ◦役者

      ◦イロケの歌



      こんなんを何度も何度もエンドレスに聴いてます。 

      ファンというにはおこがましいですが、彼女は間違いなく、私の中の日本音楽史上最もすごかった女性シンガーであります。




      BS『にっぽん百名山』と深田久弥『日本百名山』

      0
        よく再放送もしているようなのでそっちを観たと思うのですが、BS プレミアムでやっている『にっぽん百名山』という番組を最近ちょこちょこ観ております。





        最初に観た時には、富山/石川/福井/岐阜の4県に跨る、白山を取り上げてました。

        信仰心など持ち合わせていない罰当たり者の私ですが、番組を観てたら、富士山/立山と並んで日本三霊山といわれる白山に、登ってみたくなりましたよ。

        、、と言いながら、今まで登った記憶があるのは、小学校だか中学校だかで行った九重山と、近所の旅行かなにかで行った雲仙普賢岳くらいなんですけどね(笑)。


        山登りに関連して、図書館で借りてきた本も、なかなか面白いです。


        深田久弥『日本百名山』


        家庭の事情やらなんやかやで、なかなか趣味らしきことも出来ない今は、山登り妄想がかなり膨らんでいる次第であります(^-^)


        白鸚版鬼平

        0



          CSの有料チャンネルで、いいのやってるじゃん。





          観れないと、ますます観たくなるなぁ。







          チクショー(T_T)

          まんが王国とっとり建国記念イベントに行ってきた

          0
            上町筋のNHK、大阪放送会館に行ってきました。








            今日のお目当ては、鳥取県が観光の目玉として誕生させた、まんが王国を宣伝する為の出張イベントです。






















            バードプリンセスなるマスコットレディもいましたが、オタク度合いが濃いキャラに、皆さん引きぎみ....。




            鳥取=とりとる→トリンドルなんですね。





            五輪コラボ音楽活動

            0

              五輪開催中よく流れていたコカ・コーラのCMであります。

              加藤ミリヤの歌う前で、アスリート達が演舞するカッコいい作りなのですが、これは、マーク・ロンソンがプロデュースしたコカ・コーラのロンドンオリンピックキャンペーンソングのPVを、日本版にアレンジしたもののようです。


              1988年のソウルオリンピックの際に、こんな記念アルバムが出ました。

              ワン・モーメント・イン・タイム





              このアルバムに参加したアーティスト 達が、グラミー賞だかミュージックアワードだかで合同パフォーマンスを披露したのですが、今回のコレは、ソレによく似ています。

              その当時の映像を探しだせなかったので、過去に似てるパフォーマンスをみました、、、という私個人的な感想、それだけの話です(;^_^A。

              イギリス料理がマズイってホント?!

              0
                『所さんの目がテン!』という番組でやってたイギリス料理に、絶句してしまいました。


                イギリスを知る人でも、イギリスの料理で思い浮かぶのはフィッシュ&チップス....他にはあるの?、程度の認識だというので、取材班はイギリス現地の4軒のお宅を訪問して、晩ご飯を調べてみることに。


                1軒目のお宅:カレー。

                具材を炒める工程がなく、切った野菜を水にどぼん。ライスは、お湯に米を入れ、蓋を開け閉めしながら(!)適当に沸かし、湯切りしてお皿に。


                2軒目のお宅:中華の出前。

                新婚さんの結婚記念日なのに、出前....。


                3軒目のお宅:ペンネ。


                小学校低学年と幼稚園くらいの幼児がいるご家庭。ペンネを茹でて、大人は出来合いのソースをかけて終わり。子供用は味付けなし。他にメニューなし....これだけ。


                4軒目のお宅:ピザ。

                熟年夫婦、食べ慣れたスーパーのピザ....。


                これらは、テレビ用に酷いご家庭を選んだ訳ではなく、ごく標準的な光景なのだとか。


                イギリスにも本来、いくつも伝統的料理があったそうです。

                ただし、手間がかかるものが多い(汗)。


                それが、産業革命期に農村部の人が都市部に大量に流れ、農業が廃れることで使える食材がなくなり、イギリスの食文化も衰退してしまったことが定説なのだとか。


                それじゃいかんと、モダンブリティッシュなる、英国伝統料理を後世に残そうとする動きもあるようですが、、、。

                自国の伝統料理が衰退したイギリスには、その後色んな国の料理が入ってきましたが、一番支持されている他国料理はイタリア料理のようですよ(^-^)。

                神戸女子大学のCM

                0
                  私の住んでる地域では今、昼過ぎから夕方の枠で、反町隆史・松嶋菜々子版のGTOの再放送をやってますが、その番組の合間に流れるCMが、とても気になっております。

















                  女子高生が踊るこのCMには、少しアレンジの違う別バージョン、WEB配信のみのフルバージョンがあります。

                  関取花さんの歌がまた、強烈に入ってくるから、インパクトがデカイんでしょう。

                  この学校の中身は全く知りませんが、今最も好きなCMのひとつです(^-^)。

                  『Amazing Grace』( すばらしき恩寵)の歴史

                  0
                    先日、とある番組で特集をやってたので、覚え書きと付け足しを。


                    『Amazing Grace(アメイジング・グレイス)』という曲は、誰もが聴いたことのある、牧歌的な曲ですよね。

                    和訳すると、すばらしき恩寵、といった意味だそうです。


                    詞が作られたのは、240年ほど前の1772年。

                    奴隷貿易で儲けてきたジョン・ニュートンという人物が、病気でその仕事を引退した後に牧師となり、それまでの自らの行いを悔いて、書き上げたものだそうです。

                    作曲については、アイルランドとスコットランドの民謡をアレンジしただの、ケンタッキーから発祥しただの諸説がありますが、はっきりしたことは分かっていません。


                    最も有名な讃美歌として知られるこの曲。

                    様々なアーティストにも歌い継がれてきました。


                    1970年、ジュディ・コリンズがアルバム『鯨とナイチンゲール』にて発表。

                    教会で唄われる以外では、長いこと忘れ去られてきたこの曲に、再び光を当てたとして、記念碑的な作品です。


                    1972年、アレサ・フランクリン。

                    ゴスペルの名盤とも、アメイジング・グレイス作品の中で最高のパフォーマンス、とも評されるアレサのこのヴァージョンは、ライブの模様を収録した、10分以上の大作です。


                    同じく1972年、ナナ・ムスクーリ。

                    ア・カペラによるこのバージョンは、日本でもよく知られています。


                    1997年には、ジェフ・ベックが独自のアレンジで。
                    また、綾戸智絵も同年発表。

                    2001年、中島美嘉。


                    2003年、ヘイリー・ウェステンラ。

                    リニューアルしたTVドラマ『白い巨塔』のエンディングで使用されました。


                    2005年、本田美奈子。

                    同年11月に急逝した彼女最後の発表曲。
                    翌年、公共広告機構の骨髄移植支援キャンペーンのCMで流され、日本人が唄うものとしては、最も有名なヴァージョンとなりました。

                    2008年には、前述のヘイリー・ウェステンラが、本田美奈子の遺した音源と仮想デュエットを果たしています。



                    同2008年、サラ・ブライトマン。



                    2012年、キャサリン・ジェンキンス、発表予定。

                    昨年11月に、東日本大震災で被害を受けた宮城県を慰問した際に、岩沼市立玉浦小学校で同曲を披露、今期発売予定の同曲には、別録りした玉浦小4〜5年生のコーラスが使われているそうです。


                    その他、ニッカウイスキー「余市」のCMでは、佐藤竹善が。

                    また、911アメリカ同時多発テロの象徴、グラウンド・ゼロでの追悼式典では、ルネ・フレミングが唄っていました。



                    時代も宗教も立場の違いをも超えて歌い継がれる、癒しの名曲『Amazing Grace』。


                    私個人的には、1987年の白鳥英美子の作品のイメージで固まってます(笑)。

                    calendar
                         12
                    3456789
                    10111213141516
                    17181920212223
                    24252627282930
                    31      
                    << December 2017 >>
                    PR
                    selected entries
                    categories
                    archives
                    recent comment
                    recommend
                    links
                    profile
                    search this site.
                    others
                    mobile
                    qrcode
                    powered
                    無料ブログ作成サービス JUGEM