スポンサーサイト

0
    • 2014.05.05 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    こんなお仕事 その1の2

    0
      このカテゴリー、前回その1の1の記事で、舞台が成田だと分かった貴方は、かなりの....です(笑)。

      一枚目、オープンスポットに5X(ユナイテッド・パーセル・サービス)とEZ(エバーグリーン・インターナショナル航空)のB747-200Fが並んでますし、二枚目にはロゴマークもまったくない真っ白なJAL機が停まってます。

      私が働いていた1990年代初頭は、本当にジャンボ機全盛の時代でした。


      さて、空港で駐機している航空機の周りには、色々な特殊車両が寄ってきます。(あっ、今回は全てよそ様からお借りした画像です。すいません。)





      人が乗り降りする他には、手荷物(BG バゲージ)、貨物(CG カーゴ)、郵便物(ML メール)の3通りの物が積み卸しされるのですが、それらの特殊車両をどう使っているのか、写真を追って、自身の記憶を辿りながら、自分の部署に関係のあったところを、B747のジャンボジェット機でご説明してゆきましょう。


      BG、CG、MLの搭載・取り卸しは、次のようなドアから行います。


      機首に向かって左側



      機首に向かって右側


      ドアの位置関係が分かったところで、まずは、左側からいきましょう。


      通常の旅客機では、お客さんが座っている下に部屋が前と後ろにあり、それらのスペースを合わせて、ロワーデッキ・コンパートメントといいます。



      フォワードカーゴドアにHL(ハイリフトローダー、ロワーデッキローダー)をつけています。



      右のアフターカーゴドアにHL、左のバルクカーゴドアにBL(ベルトローダー、バルクローダー)をつけて作業しています。

      HLにパレットやコンテナを寄せる際には、翼やエンジンの下を絶対に通ってはいけないので、侵入角度や逃がす角度が大事でした。


      変わりまして、向かって右側。

      こちらは、ほとんどフレイターと呼ばれる貨物専用機の時に使います。

      フレイターでは、貨物だけを搭載するので、ロワーデッキの他、通常お客さんが乗るスペースも貨物を載せるスペースにしています。

      こちらをメインデッキといいます。



      サイドカーゴドアにMDL(メインデッキリフトローダー)をつけて作業しています。



      ノーズカーゴドアにMDLをつけて作業しています。

      ノーズとサイドには、それぞれ長所短所があり、ノーズカーゴドアからは、上に高い貨物の出し入れが出来ないかわりに、長尺物の出し入れが出来ますし、サイドカーゴドアからは、長尺物の出し入れが出来ないかわりに、背の高い貨物の出し入れが出来ます。

      また、前半分だけ客を乗せ、後ろ半分だけ貨物スペースにするジャンボもありました。

      コンビと呼ばれる、B747-200〜400Mです。

      このMは、旅客貨物混載というMixのMのことですね。

      イベリア?アリタリヤ?ヴァリグ?、どれか忘れましたが、当時
      私がいた会社でも、このコンビを飛ばしているうちの一社の作業を行なっておりました。



      お客さんの搭乗路を用意するのもやっていましたね。


      サテライトの場合、そのスポットのPBB(パッセンジャーボーディングブリッジ、搭乗橋)をつけます。この写真では右がPBBで、左がTFK(東京フライトキッチン)さんのケータリングカー。



      オープンスポットの場合は、PT(ステップ)をつけます。

      テレビでよくこの車を、タラップと言ってますが、空港で働く人がタラップとよんでいるのを聞いたことがありません。皆、ステップと言ってましたね。



      MDLは、身体的問題で運転出来なかったのですが、他は思い出すと大変懐かしくなりますね。

      その他、機をプッシュバック(誘導路まで押し出す)させたりトーイング(牽引)したりするのは別の部署がやっていましたし、先に少し触れたケータリングカー、ラバトリー関係の車両やガソリンを補給する車両など、色んな車がいて、面白かったです(^-^)



      こんなお仕事 その2

      0
        私にも色々都合ってもんがありまして(^m^)、昨年末から今年始にかけて、初めて体験するお仕事の手伝いをしてまいりました。



        作業の舞台となりましたのは、大阪・住吉大社。


        私の配属先がこちら↓。

        任されましたるは、大層おいしい唐揚げの販売(笑)。

        だって、こんな店なら、そりゃ旨くて当然でしょ。

        もう笑うしかない....。あはは。


        初めてテキヤ体験したのですが、かなり疲れましたね。

        大晦日の15:00に現場入り、元日の23:00までが一日目(笑)。

        大晦日の22:00頃にインスタント天そば、翌朝8:00頃にインスタントラーメンとおにぎり、その他三度飲み物が配給されましたが、休憩なし仮眠なし座りなし交代なしの32時間は長かったっす。

        あっ、お手洗いは二度ほど行かせて頂きましたよ。

        32時間拘束じゃなくて、32時間労働というのがポイントです。

        その翌日と翌々日までのお手伝いはヘロヘロでしたワ(^o^;。

        ちょいと変わったバイトがしたいんだ!っていう方にはお薦めしておきましょう(笑)。

        こんなお仕事 その1の1

        0
          1日あたり1記事(※1日に1記事じゃございませんよ)を書こうと意気込んでおりましたが、既にかなり険しくなっております、このブログ(笑)。

          まぁ、幸い閲覧して下さる方も殆どいらっしゃらないので、好き勝手続けてゆきまっさ(^-^)。


          さて、胸を張って言えることじゃございませんが、私、転職経験が豊富でございます。

          正確に言うと、様々な仕事をやって参りました。

          例えば、高校を卒業して最初に働いていたのは、こんなところ↓。




          もう20年も前ですから、今となってはその頃の姿形、原型を留めていない為、顔出ししております(爆)。

          頼まれもしてませんが、ちょっとシリーズ化してみようと思ってます。

          酒場で働く

          0
            家で久々こんな本を目にしました。


            九州と関西で、のべ5年ほど水商売をしていた時期があり、その終わりの方の半年〜1年間くらいは、なんちゃってではありますが、ショットバーをやっておりまして、その頃に使ってた本ですね。


            これも使ってたけど、あまり身につかんかったなぁ。

            だって、ほぼ全部忘れてしまってるもの(^m^(;^_^A

            calendar
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << April 2017 >>
            PR
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            recommend
            links
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM